潮浸りな週末(しおびたりなしゅうまつ)

Let's dive into the sea on Weekends.

05« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.»07
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

再始動@大瀬 

DIVE No.795
ポイント 先端
透明度 8~12m
水温 21.2℃
天候 曇り
海況 流れ
DIVE No.796
ポイント 門下
透明度 8~12m
水温 19.4℃
天候 晴れ
海況 なぎ


すっかりブランクダイバーですが、久しぶりに潜りに行くことが出来ました。お目当ての生物には出会えませんでしたが海へ復帰できて満足です。

見た生物は、
ナガハナダイ、アカオビハナダイ、シロオビハナダイ、フタイロハナゴイ、イトマンクロユリハゼ、クロユリハゼ、ゼブラハゼ、ロクセンスズメダイなど
イロカエルアンコウyg(黄、橙)、ニシキフウライウオ(白)、クダゴンベ、クロクマなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
イロカエルアンコウyg
極小の5mmサイズ!青抜きできるポジションもGood!


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
クダゴンベ
比較的撮りやすい個体かと思います。左ストロボがケラレて失敗


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
イトマンクロユリハゼ
先端の浅場は流れてましたね。岩につかまってコイノボリ状態。ゼブラハゼとイトマンクロユリハゼがたくさん居ましたが流れが強すぎですね。


とにかくダイビングが再開できましたのでまた海情報の更新をしていければと思っておりますのでよろしくお願いします。


スポンサーサイト

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: カエルアンコウ科  ハゼ科  クダゴンベ科 

[edit]

Posted on 2012/11/05 Mon. 15:29    TB: 0    CM: 4

初潜りは紅白で@大瀬 

DIVE No.726
ポイント 先端
最大水深 XXm
透明度 15m
水温 16.0℃
天候 はれ
海況 なぎ
DIVE No.727
ポイント 一本松から門下
最大水深 36.8m
透明度 10m
水温 16.8℃
天候 はれ
海況 ちょっとウネリ

さっそく初潜りへ行ってきました。昨年は大瀬よりIOPの方が潜った本数は多かったのですが、とりあえずホームの大瀬です(笑)
とりあえず来たものの特にリクエストしたいものを考えていたわけではなく、今回はミナミハナダイとついでにシロオビということでエントリー。
ミナミハナダイは見れたものの中層を泳いでいてとても手に負えません。その後シロオビを撮影したので1枚目はシロオビの写真で。
見た生物は、
ナガハナダイ、シロオビハナダイ、ミナミハナダイ、オグロエソ(深場のエソです)、ソラスズメダイ、ヒメエダウミウシ、ツヤマメアメマキガイ、トックリガンガゼモドキ(エビか魚でも絡めて撮りたかった)、イロカエルアンコウ、クマドリカエルアンコウ(白)、カゴウニカクレエビ、ヒトデヤドリエビ、ウミカラマツエビ、カンムリベラygなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
シロオビハナダイ(アカオビハナダイ抜き)
ツメの甘い写真ですみません。シロオビハナダイを追いかけているとファインダーの奥に見えるのはアカオビハナダイ!!これは撮らねばと思いあわててシャッターを切ったがアカオビの背びれは入ってないし、赤帯が薄いし、シロオビは背びれ開いていないし・・・失敗orz。でも新年なので紅白揃い踏みということで掲載することにしました。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: ハタ科  カエルアンコウ科  ベラ科  スズメダイ科 

[edit]

Posted on 2012/01/08 Sun. 09:43    TB: 0    CM: 2

デジャヴ@大瀬 

DIVE No.703
ポイント 先端
最大水深 37.4m
透明度 15m
水温 23.4℃
天候 晴れ
海況 激流
DIVE No.704
ポイント 門下
最大水深 19.7m
透明度 10m
水温 23.2℃
天候 晴れ
海況 ナギ



「シロオビハナダイが30mで見れますよ~」なんて甘いささやきにつられて大瀬へやってきました。
朝ショップへ到着し、「まだ見れますか?」と確認すると「昨日も居たので大丈夫ですよ~」と軽い返事。この時点ですでに私の中ではいやな予感が広がっていました。
先端にエントリーするときフィンを履こうとするあたりですでに流れが掛かっていました。なんだか今年、同じようなシチュエーションがあったような・・・
流れが完全に逆向きです・・・深場で流れに逆らって泳ぐ。そして狙いの生物はことごとく外す。あれは7月に大瀬の先端だったような。

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ゼブラハゼ
ブリーフィングでは3種類の魚を狙う説明でした。シロオビハナダイ見つからず。3匹居るというフタイロハナゴイがまったく出ておらず。私がリクエストしたゼブラハゼは見れましたが写真は完敗でございます。恥ずかしながら一応証拠写真を載せます。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: クロユリハゼ科  カエルアンコウ科 

[edit]

Posted on 2011/11/16 Wed. 11:01    TB: 0    CM: 2

ホーム@大瀬 

DIVE No.697
ポイント 大川下
最大水深 25.0m
透明度 5-12m
水温 23.4℃
天候 くもり
海況 凪(後半に若干流れ)
DIVE No.698
ポイント 大川下
最大水深 28.5m
透明度 5-12m
水温 23.7℃
天候 くもり
海況 凪(後半流れ)



すっかり朝夕はすっかり涼しくなりましたねー。前日まではウェットでもドライでも行けるように準備をしていましたが・・・朝ポロシャツで外に出たら「寒いやんけっ!」ということでドライスーツに衣替え決定。
向かった先はしばらく顔を出してなかったホームの大瀬崎です。一部のエントリー口が立ち入り禁止になっているなど台風の爪あとがまだ残っていました。
これといって見たい生物情報も無いのでポイント選びはガイドのクロブチ君に基本的にお任せしました。

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
イロカエルアンコウ
今の大瀬の水の悪さを物語る一枚。水深は7mと浅い場所ですが、透明度は悪くて水はどんよりとした緑色。海中に入ってさらにびっくり、砂地の砂がえぐれている箇所があちこちに・・・浅いところの地形がかなり変わってました。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: カエルアンコウ科  ハゼ科  ニザダイ科 

[edit]

Posted on 2011/10/03 Mon. 15:07    TB: 0    CM: 6

風向き変わって海況良し@大瀬 

DIVE No.651
最大水深 19.2m
透明度 10m
水温 15.3℃
天候 曇り
海況 良好

前日までは南西の風で東伊豆で海況良好、西伊豆に移動した今日は東の風に変わりこれまた海況良好。
今回のGWは海況には恵まれました。

1本目は様子見ということで湾内へ


kaeru110503


カエルアンコウ



サイズは2cmくらいでしょうか。まだまだかわいいサイズです。

そのほかダルマオコゼygとかセミホウボウ(かわいくないサイズ)とかを見てから
浅いほうへ戻ってきました。
-- 続きを読む --

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: カエルアンコウ科  ウミウシ 

[edit]

Posted on 2011/05/14 Sat. 06:53    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カウンター

カレンダー&アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

タグ

リンク

リンク(ショップ)

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。