潮浸りな週末(しおびたりなしゅうまつ)

Let's dive into the sea on Weekends.

09« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»11
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

寒さにやられた@大瀬 

DIVE No.714
ポイント 先端
最大水深 XXm
透明度 15m
水温 17.7℃
天候 晴れ
海況 なぎ
DIVE No.715
ポイント 湾内
最大水深 25.9m
透明度 12m
水温 17.8℃
天候 晴れ
海況 なぎ

シロオビが居るうちにもう一回と思い、大瀬へ行ってきました。
陸ではいろんな方が大瀬に集合?いろいろな方とお会いしました。ガイドのクロブチ君が一番乗りをするというので、先端のエントリー開始時間にこの日一番目でエントリー。
透明度は割りと良いのですが、この日は浮遊物がかなり多かったです。あまりに寒さに心が折れて2本で撤収してしまいました。
見た生物は、シロオビハナダイ、ナガハナダイ、フタイロハナゴイ、サクラダイ、キンギョハナダイ。チャイロヤッコ、トゲチョウチョウウオ。ハクセンアカホシカクレエビ、ナカザワイソバナガニ、イソギンチャクエビ。ユビワミノウミウシ。ヒメユリハゼ。
オオウミウマ、ニシキフウライウオ、キサンゴカクレエビ、サガミツノメエビ、カエルアンコウ、クロユリハゼ、イトマンクロユリハゼ、ゴマチョウチョウウオ、ヒョウモンダコなど。

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
シロオビハナダイ
前回あまり泳ぎ回らなかったので今回は60mmでやっつけてやろうと意気込んで乗り込んだのですが・・・びゅんびゅん泳ぎまくりでかなり手強かったです。一度上のほうまで泳いでいってしまい見失ったりもしました。残念ながらキンギョに邪魔された。


-- 続きを読む --
スポンサーサイト

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: ハタ科  カミソリウオ科  甲殻類   

[edit]

Posted on 2011/12/18 Sun. 14:11    TB: 0    CM: 4

泥、ドロ、どろ@獅子浜 

DIVE No.711
ポイント 北側
最大水深 31.6m
透明度 15m
水温 19.7℃
天候 晴れ
海況 なぎ
DIVE No.712
ポイント 北側
最大水深 28.7m
透明度 15m
水温 19.8℃
天候 晴れ
海況 なぎ
DIVE No.713
ポイント 正面
最大水深 34.6m
透明度 15m
水温 19.3℃
天候 晴れ
海況 風波、ちょっとウネリ

ほんと寒くなってきましたね。朝出かけようとしたら車のガラスが凍り付いていて全く見えず。氷を溶かすためにかなりタイムロスが発生してしまいました。

さて今回はハゴロモハゼspをメインに泥ハゼを撮ることが目標で獅子浜へ。
見た生物は、イトヒキ、ハゴロモsp、ヒレナガ、カスリ、クサ、ユカタ、ハナ、イトマンクロユリ、ヒメユリ、シゲ(黄化)などのハゼ。タスジウミシダウバウオ、ウミテング、ハリダシエビス、アカオビハナダイ、ニシキフウライウオ(ペア)、カミソリウオ、ゼブラガニ。

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ハゴロモハゼsp
本日のメインディッシュです。2ダイブ掛けて撮影。敏感なので寄るのが難しいけど、やはりハゼとの戦いはどこまで寄れるかの駆け引きが楽しいところでもあります。体がメタリックなので、ストロボが強いと色が飛んでしまう・・・これまた難しい。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 獅子浜

タグ: ハゼ科  ウバウオ科  カミソリウオ科 

[edit]

Posted on 2011/12/11 Sun. 08:54    TB: 0    CM: 4

かまぢさんとダイビング@獅子浜 

DIVE No.705
ポイント 正面~泥地
最大水深 XXm
透明度 5~15m
水温 21.3℃
天候 雨
海況 ナギ
DIVE No.706
ポイント 正面
最大水深 40m
透明度 5~10m
水温 21.4℃
天候 雨
海況 ウネリ

柏島でお会いしたときにかまぢさんに今度獅子浜でガイドしてくださいよ~とお願いしておいたのがようやく実現しました。
天気は雨なのは仕方ないですが、西風の予報だったので気が気じゃなかったのですが朝はなぜか東の風。穏やかなもんです。
2本目入るころにはなんのウネリだかよくわからないですがなぜだか浅場がウネウネになっていました。そして、2本目終わった頃には風向きは西に、ウネリはさらに大きくなりかなり荒れてきました。あわよくば3本潜ろうかと思っていましたが、海も天候も大荒れになってきたで2本で止めときました。
さて、1本目は正面深場から泥地を回って上がってくるコース、2本目はほぼ正面の深場へと行ってきました。

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ハナゴンベyg
西伊豆ではあまり見れないようです。それにしてもなぜ獅子浜ででるのか意味がわかりません。それと私の中では串本で見たイメージしかなかったのでこんなに深いとは思っていませんでした。サイズは1.5cmほどでしょうかとてもかわいかったです。今日は比較的ご機嫌だったみたいで瞬殺ではなかったので一応撮れました。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 獅子浜

タグ: ハタ科  カミソリウオ科  クロユリハゼ科 

[edit]

Posted on 2011/11/19 Sat. 20:47    TB: 0    CM: 4

またまたグラスワールド@串本 

DIVE No.674
最大水深 20.1m
透明度 15m
水温 27.0℃
天候 曇り
海況 水面バッシャバシャ

3本目はまたグラスワールドに行くことに・・・ガイド氏もさすがにネタに困ったようですがそこはさすがです。さらに違うものを見せてくれました。
ブイを取る前に途中でボートから降ろしてもらってこれまでと違うルートです。

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ヒレネジ(ペア)

ヒレネジとレンズとの間になんだかわからない稚魚の群れがいてハレーションしていますがこれもありかもって勝手に思ってる。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 串本

タグ: ハゼ科  カミソリウオ科  スズメダイ科  ハタ科  甲殻類 

[edit]

Posted on 2011/08/23 Tue. 08:03    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カウンター

カレンダー&アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

タグ

リンク

リンク(ショップ)

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。