潮浸りな週末(しおびたりなしゅうまつ)

Let's dive into the sea on Weekends.

04« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.30.31.»06
 

スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カテゴリ: スポンサー広告

[edit]

Posted on --/--/-- --. --:--    TB: --    CM: --

南西の風強く・・・@串本 

DIVE No.876
ポイント 備前
水温 28.6℃
天候 晴れ時々曇り
海況 風波
DIVE No.877
ポイント グラスワールド
水温 28.0℃
天候 晴れ時々曇り
海況 風波


夏休み定番になっている須江、串本エリアへ行ってきました。


見た生物は、
ボロカサゴ、ミヤケテグリ、カモハラギンポなど
ジョーフィッシュ、ハナゴイ、クロヒレスズメyg、ホシススキベラyg、ニシキカンザシヤドカリなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ボロカサゴ
レア物が前日に見つかったそうです。ボロカサゴ。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ミヤコテグリ
2匹が遭遇したので、ヒレ開いてくれるのを期待したものの一回開いておしまい。


須江の水中は極寒でしたが、串本は温かいですね。

スポンサーサイト

カテゴリ: 串本

タグ: フサカサゴ科  ネズッポ科 

[edit]

Posted on 2014/08/17 Sun. 16:45    TB: 0    CM: 0

串本から須江へ 

DIVE No.841
ポイント 上浦海岸
透明度 15m
水温 30.7℃
天候 晴れ
海況 ナギ
DIVE No.842
ポイント ナギザキ
透明度 10m
水温 23.5℃
天候 晴れ
海況 ナギ


須江のナギザキを2本潜る予定でしたが、ヒゲモジャハゼが出たという情報が入り急遽串本1本のあと須江へ移動するという変則スケジュールに・・・

見た生物は、
イトヒゲモジャハゼなど
フチドリハナダイyg、キシマハナダイ、ニシキフウライウオ、カシワハナダイなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
イトヒゲモジャハゼ
とんがったヒゲがもじゃもじゃです。すぐ砂に潜るので撮りにくいです。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
フチドリハナダイyg
今回の狙いにしていたフチドリハナダイyg、串本側のは居なくなったとのことで須江に見に行ってきました。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ミノカサゴyg
久しぶりにミノカサゴを撮りました。ちびっ子は良いね。


夏休みはおしまい。伊豆の海へ戻ります。

カテゴリ: 串本

タグ: ハゼ科  ハタ科  フサカサゴ科 

[edit]

Posted on 2013/08/19 Mon. 10:32    TB: 0    CM: 0

ダイビング練習中?@大瀬 

DIVE No.797
ポイント 湾内
透明度 1~8m
水温 19.2℃
天候 はれ
海況 ウネリ激流
DIVE No.798
ポイント 玉崎→一本松
透明度 5~12m
水温 17.8℃
天候 晴れ
海況 ほぼクローズ


今日の海はハードでした。1本目の湾内では激流が発生してフィンキックしても流れに負けて押し戻される始末。透明度は一瞬にして1m程度のニゴニゴに。我々はどうにかこうにかエキジットしましたが、流されてグループからはぐれるダイバーが何人かいたようです。ま、事故がなくて何よりでした。
2本目はマンツーなので午前中は潜水禁止だった外海へ。とは言っても基本的にはクローズのレベル。大きなうねり、移動を始める頃には流れが入ってきて流れに逆らって泳ぐ羽目に。透明度はもひとつな感じでした。これもしんどかったです。

見た生物は、
ベニカエル(黒)、クロクマ、カシワハナダイなど
ボロカサゴ、ビシャモンエビ、イソバナカクレエビ、クシノハカクレエビ、ツマグロモウミウシ、アワイロコバンハゼ(?)など

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ボロカサゴ
とりあえず居てくれてよかったです。これ外したら荒れてる外海に入った意味がないですから。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
クルクルについているエビ
クルクルっと巻いているところにエビ2匹。


湾内のクロクマは大行列でしたね。ダイバー20人くらいいたかも。
それにしても復帰後の写真はさっぱりダメです。
IOPに復帰できるのはいつになることやら・・・

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: フサカサゴ科  甲殻類 

[edit]

Posted on 2012/11/18 Sun. 21:21    TB: 1    CM: 0

こんなはずじゃなかったのに・・・@大瀬 

DIVE No.765
ポイント 柵下
最大水深 XXm
透明度 3~10m
水温 18.7℃
天候 本降りの雨
海況 ウネリ、流れ
DIVE No.766
ポイント 先端
最大水深 43.5m
透明度 2~10m
水温 17.7℃
天候 小雨
海況 風波少々


台風一過を期待してのダイビングでしたが・・・台風過ぎたら前線が残っていきなりの梅雨入り。朝から本降りの雨でした。
ウネリは少し残っているし、水面は真っ白で見えない。前回より透明度悪い・・・
おまけに結構強めの流れがあります。行きはよいよい帰りは逆流というしんどいパターン。
見た生物は、
マダラハナダイ、セナキルリスズメダイなど
フタイロハナゴイ、ハクセンアカホシカクレエビ、カザリイソギンチャクエビなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
マダラハナダイyg
前日カメラ設定をいじって変な設定にしたままだったのに気付かずにそのまま撮影。シャッタースピードが遅く、流れの中を必死に泳ぐマダラをバックライト撮影したようになってしまいました。設定がおかしなことに気付いたのは浅場へ戻ってから・・・こんなはずではなかったのに。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: ハタ科  スズメダイ科  フサカサゴ科 

[edit]

Posted on 2012/06/09 Sat. 22:53    TB: 0    CM: 0

プロフィール

カウンター

カレンダー&アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

タグ

リンク

リンク(ショップ)

RSSリンクの表示

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。