FC2ブログ

潮浸りな週末(しおびたりなしゅうまつ)

Let's dive into the sea on Weekends.

01« 1.2.3.4.5.6.7.8.9.10.11.12.13.14.15.16.17.18.19.20.21.22.23.24.25.26.27.28.29.»03
 

2013GW前半@大瀬 

DIVE No.826
ポイント 一本松
透明度 5~15m
水温 18.3℃
天候 晴れ
海況 ナギ
DIVE No.827
ポイント 先端
透明度 8~20m
水温 18.2℃
天候 晴れ
海況 ナギ


折角の連休だし何もしないのももったいないと大瀬でダイビング・・・

見た生物は、
コケギンポ、ベニカエルアンコウ、イソコンペイトウガニ、ウミカラマツエビなど
ミナミハナダイ(産卵)、ナガハナダイ、アカオビハナダイなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
イソコンペイトウガニ
巨大と言っても良いかな。とにかくデカかった。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ナガハナダイ
色が出てるところを撮るのは難しい。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ミナミハナダイ
これまた泳ぎまくりで難しい。産卵を見れたのは良かったけど・・・撮るのは至難の業か。


全然結果出せず・・・

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: 甲殻類  ハタ科 

[edit]

Posted on 2013/04/30 Tue. 09:36    TB: 0    CM: 0

2日連続の2日目@IOP 

DIVE No.807
ポイント ブリマチ
透明度 15~20m
水温 14.4℃
天候 晴れ
海況 流れ
DIVE No.808
ポイント 左の岩礁
透明度 15~20m
水温 14.5℃
天候 晴れ
海況 流れ


2日目はリベンジと言うことでまたブリマチへ行ってきましたがまた返り討ちにあいました。帰り道は岩につかまり這いずりながら進む羽目に・・・なんでこんなに流れてるんだー疲れた。

見た生物は、
イトヒキハナダイ(オス)、シマキツネベラ、カシワハナダイ、ゼブラハゼ!、サザナミヤッコ!、ミスガイなど
ブダイベラ、タキゲンロクダイ、カモハラギンポ、ベニハゼsp.、ササハゼ、フリソデエビ、ナヌカザメ、ヌノサラシ、サザナミヤッコ、オビテンスモドキなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
カシワハナダイ
ブリマチで見ましたがこんな深いところにも居るんですねぇ。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ゼブラハゼ
14℃でゼブラハゼって・・・もうフラフラで寄り放題ですがヒレを開く元気はないようです。色が濃いですね。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
フリソデエビ
長い期間見れているようです。エビ好きじゃなくても見れると嬉しいエビです。


ヘタレダイバーには2日連続で流れまくりのブリマチはきつかったです。今年はのんびり潜りたいと思いますのでよろしくお願いします。


カテゴリ: IOP

タグ: ハタ科  ハゼ科  甲殻類 

[edit]

Posted on 2013/01/09 Wed. 10:27    TB: 0    CM: 0

ようやく積年の課題をひとつ達成@大瀬 

DIVE No.801
ポイント 先端
透明度 10~20m
水温 17.7℃
天候 はれ
海況 なぎ
DIVE No.802
ポイント 先端
透明度 10~15m
水温 17.7℃
天候 晴れ
海況 なぎ


何年も探し続けていた魚をようやく見ることが出来ました。
今日はこれに尽きます。


見た生物は、
ホカケハナダイ、カシワハナダイ、アカオビハナダイ、シロブチハタ、オトメハゼ、アブラヤッコ、ゼブラハゼなど
シマハギ、イトヒキコハクハナダイyg、オシャレカクレエビsp.、ベニハナダイyg(群れ)、イヤゴハタ、ジンケンエビ、RTF、フタイロハナゴイyg、など

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ホカケハナダイ
何年も前に井田で一度見たっきり、もう一度見たいとずっと思っていた魚にようやく会う事が出来ました。しかもペアで嬉しさ倍増。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ジンケンエビ
このエビ見るの2度目ですが、たくさん固まっていました。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
コードネームRTF
久しぶりに見に行きましたがすっかり巨大化していました。貫禄が出ていますね。


まだ課題が残っていますので来週も海へ行くかも。


カテゴリ: 大瀬崎

タグ: ハタ科  甲殻類  キツネアマダイ科 

[edit]

Posted on 2012/12/08 Sat. 20:20    TB: 0    CM: 0

ダイビング練習中?@大瀬 

DIVE No.797
ポイント 湾内
透明度 1~8m
水温 19.2℃
天候 はれ
海況 ウネリ激流
DIVE No.798
ポイント 玉崎→一本松
透明度 5~12m
水温 17.8℃
天候 晴れ
海況 ほぼクローズ


今日の海はハードでした。1本目の湾内では激流が発生してフィンキックしても流れに負けて押し戻される始末。透明度は一瞬にして1m程度のニゴニゴに。我々はどうにかこうにかエキジットしましたが、流されてグループからはぐれるダイバーが何人かいたようです。ま、事故がなくて何よりでした。
2本目はマンツーなので午前中は潜水禁止だった外海へ。とは言っても基本的にはクローズのレベル。大きなうねり、移動を始める頃には流れが入ってきて流れに逆らって泳ぐ羽目に。透明度はもひとつな感じでした。これもしんどかったです。

見た生物は、
ベニカエル(黒)、クロクマ、カシワハナダイなど
ボロカサゴ、ビシャモンエビ、イソバナカクレエビ、クシノハカクレエビ、ツマグロモウミウシ、アワイロコバンハゼ(?)など

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
ボロカサゴ
とりあえず居てくれてよかったです。これ外したら荒れてる外海に入った意味がないですから。


画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
クルクルについているエビ
クルクルっと巻いているところにエビ2匹。


湾内のクロクマは大行列でしたね。ダイバー20人くらいいたかも。
それにしても復帰後の写真はさっぱりダメです。
IOPに復帰できるのはいつになることやら・・・

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: フサカサゴ科  甲殻類 

[edit]

Posted on 2012/11/18 Sun. 21:21    TB: 1    CM: 0

今週のダイビング@大瀬 

DIVE No.779
ポイント 先端
最大水深 XXm
透明度 10~15m
水温 18.8℃
天候 晴れ
海況 風波
DIVE No.780
ポイント 先端
最大水深 XXm
透明度 10~15m
水温 19.1℃
天候 晴れ
海況 風波


日差しが強く気温も高いのですが体感的には風が強かったからか比較的涼しかったです。
そして今日もウェットで潜って後悔してきました。水温は先週のIOPより明らかに高いのに寒い・・・原因ははっきりしました。自分のウェットスーツがボロだから。
今年の夏はドライスーツにしよ。

見た生物は、
ミナミハナダイ、アカシマシラヒゲエビ、ナガハナダイ、マツカサウオ、トウカイスズメダイsp、ユリウツボ、アサヒハナゴイ(若魚)、ミゾレチョウチョウウオyg、クマノミ(タマゴ)、シュンカンハゼ、ミナミギンポ、ホシハゼなど
ジンケンエビsp、あの魚、フタイロハナゴイ、ミナミイソハゼなど

画像をクリックすると大きく表示されます。

Highslide JS
アサヒハナゴイ
3匹くらい見かけたんですが追いかけているうちにバラバラになって写真を撮ったのは1匹だけです。


-- 続きを読む --

カテゴリ: 大瀬崎

タグ: ハタ科  チョウチョウウオ科  スズメダイ科  甲殻類 

[edit]

Posted on 2012/08/04 Sat. 21:53    TB: 0    CM: 2

プロフィール

カウンター

カレンダー&アーカイブ

最新コメント

カテゴリ

タグ

リンク

リンク(ショップ)

RSSリンクの表示